2022/3/29

マンションのデベロッパーとは?買うとき気にするべき?

マンションのデベロッパーとは?買うとき気にするべき?

マンションを購入するとき、「デベロッパーはどこ?」など聞かれたことはございませんでしょうか?
ディベロッパーとは、マンションを新築時に建てて販売した会社のことですが、今回はディベロッパーについて詳しく解説していきます。

 

そもそもデベロッパーとは

デベロッパーとは、英語で「開発」を意味する 「development」 から来ている単語で、土地や街の開発事業を主な業務としている不動産会社のことを指します。不動産といっても、街区の大規模再開発や、高層マンション開発、またはリゾート開発などの比較的投資額の大きなものを手掛けることがデベロッパーの特徴です。

たとえば、デベロッパーが採用する都心部で見られる大規模再開発の手法は、次のようなものです。

ある地区の街区全体を敷地にして、中央に超高層タワーを建てて、オフィスやホテルを誘致。
そして、その周辺には商業施設や緑地などを設けたり、美術館や音楽ホールなどの文化施設を建てたりして、複合的に開発を行います。
まさに、都市を作り上げるといってもよいでしょう。都市開発デベロッパーは、このような都市環境形成に最初から最後まで関わるわけです。

マンション開発では、開発から分譲までを、さまざまな業者と共同しながら、主導する役割を果たします。
デベロッパーによるマンション開発の主な目的は、投資によるリターンの確保。
最も大きなリターンを得るために、投資の上流から下流までを効率的に管理するのです。

具体的には、どこに建てれば最も高い値段で売れるのか、どのようなターゲット向けに訴求すべきかという企画を最初に立ち上げます。
また、そのような目的を達成するために必要な空間と環境のデザインについても注意深くコントロールしながら、総合的な戦略をもとに開発を進めていきます。

 

デベロッパーとゼネコンの違い

デベロッパーと混同しやすいものに「ゼネコン」があります。
ゼネコンとは、「ゼネラル・コンストラクター」の略称で、総合建設会社を意味します。

マンション開発における役割分担は、デベロッパーが開発計画を立てて、その計画に従って、ゼネコンが実際に建物を建てるのです。
つまり、デベロッパーが検討したコンセプトなどに基づいて、技術力を持ったゼネコンが具体化していくのです。
といっても、ゼネコン自体は主に監理業務を行う場合がほとんど。監理業務は、実際に現場で建設工事を行う中小の業者を束ねる役割を指します。

マンションの建設を例に挙げると、まず基礎の杭を打ち込む業者や、鉄筋コンクリートで躯体を造る業者が作業します。
躯体ができると、電気関係の配線業者、設備を設置する業者、家具やインテリアを担当する内装業者が入ります。
ゼネコンは、このようなさまざまな業者の作業を、安全に工期内に完成できるように管理します。

要するに、下請け業者をまとめる、元請けの立場です。
このようなゼネコンのなかには、スーパー・ゼネコンと呼ばれる、実際の建設監理業務に留まらず、デベロッパー的な企画力を持っているところもあります。スーパー・ゼネコンの場合、デベロッパーと共同で開発事業を行う場合も多いのですが、資金力や条件が整えば単独で開発を手がけるケースもみられます。

 

マンションブランドとデベロッパーの関係について

主にマンション開発を手がけるデベロッパーを「マンションデベロッパー」と呼ぶことがあります。
本業から派生してマンション開発を行うようになったデベロッパーも多く、いくつかの系統に分かれます。

たとえば、日本で大手としてよく知られているマンションデベロッパーには、財閥系、鉄道会社系、ハウスメーカー系などの系統があります。
財閥系は主に不動産業の派生として、鉄道会社系は沿線開発の一環として、ハウスメーカーは住宅産業の業態拡大として、マンション開発を行っています。
各マンションデベロッパーは、それぞれ独自のマンションブランドを持っているのが一般的です。

 

マンションを買うならデベロッパー選びも大切

マンションを開発するデベロッパーには、さまざまなタイプがあります。
一斉を風靡したマンションデベロッパーや、財閥系など昔から大規模開発に強い会社、エリアに強い会社など。

またデベロッパーマンションにはブランド力があり、そのブランドを維持するためにグループの管理会社などが入り、そのマンション自体をしっかり保っている物件が数多くございます。

エントランスの警備状況や郵便ポストコーナー、外観など、一般的なマンションと違いがあるマンションもよくあります。

築年数がたつ中古物件では管理の状態がその後、安心して暮らせる物件であるかどうかの判断ともなってきます。
デベロッパーマンションが絶対に安心ですとは言い切れませんがどこが建てて分譲したかをしっておくことで、日々の暮らしやすさはもちろん資産価値の維持にもつながっていくことでしょう。

もちろん資産価値が高いということはお値段もそれなりで、何がいいのかはその人によって異なります。
ひかリノベでは【中古物件購入】✕【リノベーション】で最適な物件をご紹介しております。物件探しに迷われている方はぜひひかリノベへご相談ください。

 

当社は、以下の通りお客様の個人情報を取り扱います。

1.個人情報を取得する事業者の名称

株式会社ネクサス・アールハウジング

2.当社の個人情報管理者

営業本部 部長

連絡先: TEL0120-487-849

3.個人情報の利用目的

本フォームで取得した個人情報は、お問い合わせの対応、確認、その他当社の商品やサービスに関するご連絡のために利用します。。

4.個人情報の第三者提供

法令の要請に基づく場合を除き、取得した個人情報をご本人の同意なく、第三者に提供することはありません。

5.個人情報の委託

当社は、上記3の利用目的の範囲内で、お客様のお問い合わせ情報の全部もしくは一部を他の事業者に委託する場合があります。

6.個人情報に関する権利

お問い合わせを頂いたお客様は、弊社に対してご自身の個人情報の開示等(利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加・削除、利用の停止または消去、第三者への提供の停止)に関して、当社問合わせ窓口に申し出ることができます。その際、弊社はご本人を確認させていただいたうえで、合理的な期間内に対応いたします。なお、個人情報に関する弊社問合わせ先は、次の通りです。

株式会社ネクサス・アールハウジング

個人情報問合せ窓口:

TEL: 0120-487-849

住所: 〒272-0804 千葉県市川市南大野1-14-2

メールアドレス: info@nexus-r-housing.jp

7.Googleアナリティクスの利用について

当社が運営するウェブサイトでは、ウェブサイトの利用状況や訪問者数の調査などのトラフィックデータの取得のため、Googleアナリティクスを利用しております。Googleアナリティクスのプライバシーポリシーに関する説明については、以下のURLをご覧ください。
https://policies.google.com/privacy

Googleアナリティクスによるクッキーの利用を拒否したい場合には、Googleアナリティクスのウェブサイトから、オプトアウトすることができます。詳細は以下のURLをご覧ください。
https://tools.google.com/dlpage/gaoptout/

8.Kairos3の利用について

当社が運営するウェブサイトでは、ウェブサイトの利用状況や訪問者の行動をトラッキングするためのトラフィックデータを取得するため、カイロスマーケティング株式会社のKairos3を利用しております。
カイロスマーケティング株式会社のプライバシーポリシーに関する説明は、以下のURLをご覧ください。
https://corp.kairosmarketing.net/privacy-policy

9.お問い合わせを頂いたお客様が個人情報を与えることの任意性及び当該情報を与えなかった場合に生じる結果について

お問い合わせを頂いたお客様ご自身の個人情報を弊社に提供されるか否かは、ご本人のご判断によりますが、必要な情報をご提供されない場合には、お問い合わせ内容の対応において不利益を蒙る可能性がありますので予めご了承ください。

ご入力頂いた個人情報は、サービスを提供するひかリノベのプライバシーポリシーに則って厳重に管理します。
ひかリノベの利用規約および個人情報保護方針弊社が取り扱う個⼈情報については、各リンク先をご覧ください。

 上記の個人情報の取り扱い内容に同意する

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号

お問い合わせ内容必須

資料請求 物件を探す
メニューを閉じる
カテゴリ
執筆担当者

尾高

ひかリノベ両国 コーディネーター

吉田

ひかリノベ両国 施工管理

毛利

ひかリノベ両国 施工管理

大宮

ひかリノベ両国 設計

広報部