マンションリノベーション「ひかリノベ」従業員ブログ

  • お問い合わせは0120-818-250
  • お問い合わせ・資料請求

2019/11/28

『真の』住みたい街ランキングNo.1はどこ?

『真の』住みたい街ランキングNo.1はどこ?

毎年各社から発表される「住みたい街ランキング」。
吉祥寺や恵比寿、横浜、急上昇中の大宮や浦和等、様々ですが、真の「住みたい街」とはどこだと思いますか?

みなさんもぜひお考えください。ご自身の「住みたい街」とは……?

 

憧れの街≠本当に住みたい街

正解は……

「現在住んでいる街」です。

少し意地悪な解答だったかもしれませんね。
多くの方にこの質問をしてきましたが、この答えを聞くと案外みなさんご納得されるようです。

実際に、マイホーム探しのご相談にお越しになられる方の多くは、

  • 現在お住いの近く
  • ご両親等のご実家の近く

といった、馴染みのある場所でご検討されている方が多いと感じます。
吉祥寺や恵比寿等は、一度住んでみたいなあと思うことはあっても、現実的にこれから住もうと思うか、というと全く別の話のようです。

裏を返すと結局のところ、「住めば都」ということなのかもしれません。
そう考えると、マイホームの探し方も大きく変わってきそうですね。

 

固定観念を捨ててみると新しい出会いが……!?

物件探しのご相談をいただく方の中で、住みたいエリアの中でなかなか物件が出て来ない、と数年マイホーム探しをされているという方も中にはいらっしゃるのですが、お話を伺ってみると、かなり難しい条件で探されている、ということが要因であることが多いです。
たとえばエリアの相場と比べて予算が低かったり、相場よりも広いお部屋を優先度の高い条件とされていたり……。

ですがマイホーム探しは、希望するエリアと、予算やその他条件との兼ね合いです。
相場と条件がマッチしていれば問題はないのですが、そこがミスマッチの場合は、どれだけ探しても希望する物件はなかなか出てはきません。

もしも希望するエリアで条件に沿う物件がなかなか見つからず、何かを譲歩しなければならないという場合、思い切ってエリアを広げて探してみるのも良いかもしれません。

まずはそのエリアに住みたい、と思った動機を、いま一度思い起こしてみましょう。
「通勤アクセスが良い」 であれば、別の路線で通勤時間が変わらないエリアを検討してみる。
「街の雰囲気が好き」であれば、どんなところが好きなのかを具体的に挙げてみると、まったく違うエリアに共通項のある街が見つかるかもしれません。

エリアに縛られている概念を一度フラットにして、視野を広くすることで、物件の希望条件も叶えられる、住んでも良いなと思える街に出会える可能性が広がります。

「絶対にこのエリア」と固定してしまったために、築年数や駅からの距離、広さ、リノベーション費用を削らざるを得なくなることもあります。
あこがれの街にマイホームを手に入れたはずなのに、結局は満足からは程遠いわが家……。

思い切ってエリアを広げてみることで、駅チカで、広々としていて、こだわりを詰め込んだリノベーションを実現できたというケースは多いです。
あのときは考えもしなかったけれど、住み慣れていくごとにその街が好きになる……。
そしてその街はいずれ、私たちにとって心から住みたい街、になるのだと思います。

運命の出会いは、思いもかけないところに待っているもの、なのかもしれません。

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号

お問い合わせ内容必須

メニューを閉じる
カテゴリ
執筆担当者

今淵(正)

ひかリノベ両国 コーディネーター

三好(海)

ひかリノベ両国 コーディネーター

毛利(一)

ひかリノベ両国 施工管理

目黒(千)

ひかリノベ両国 設計

藤井(奈)

ひかリノベ両国 設計

大宮(良)

ひかリノベ両国 設計

広報部