マンションリノベーション「ひかリノベ」従業員ブログ

  • お問い合わせは0120-818-250
  • お問い合わせ・資料請求

2019/6/25

愛犬・愛猫と暮らす快適な住まい 

愛犬・愛猫と暮らす快適な住まい 

こんにちは 五反田ショールームの水谷です。

関東もいよいよ梅雨に入りました。
本格的な夏を前に、しばらく蒸し暑い季節が続きそうですね。
これからの時期、特に梅雨の晴れ間や、梅雨明けで急に熱くなった時などは熱中症に十分注意したいですね。

熱中症以外にも食欲が低下したり、何となく気分がおもくなったり、自律神経が乱れて体調がすぐれないこともあるかもしれません。
それは私たちだけでなく、動物たちも一緒ですよね。
犬や猫などの動物は、私たちのように全身に汗をかくわけではなく、体温調節が苦手なのだそうです。

今回は愛犬・愛猫そして飼い主さんにとっても快適な住まいのお話をさせていただきたいと思います。

20190625_2

 

1.リノベーションでご提案できること

床材:フローリング

最近では建築業界でペット用の建材が充実してきています。

犬の場合は飼い主さんが帰宅したりすると、嬉しくて走ったり飛んだりしてしまいます。その際に床が滑りやすいと関節に負担がかかったり、転倒して脱臼したりしてしまうこともあるそうなのです。
猫の場合は高いところから飛び降りたりすることも多いため、肉球が傷つかない床材であることも大切です。

建材メーカーさんでは、滑りにくいフローリングやキズ、汚れが付きにくい加工が施されているものも多くありますので、わんちゃん・ねこちゃんにも飼い主さんにもやさしく、一石二鳥です。
また犬・猫ともに高齢になると足腰が弱くなり歩くのも大変になりますので、愛犬・愛猫の高齢化にも対応できますね。

20190625_3

 

窓まわり-Ⅰ:二重サッシ

この時期注意してあげたいのが、室温ですね。

最近では、日中締め切りのお部屋で一人(匹?)でお留守番という子たちも少なくないと思います。
とくに日当たりの良いお部屋や、西日の強い場所は日中の気温がかなり上昇することが考えられます。

その場合、エアコンなどの温度設定に気を配ることも大切ですが、窓まわりを工夫してみるのも一つの方法です。

例えば二重サッシをつけることで、室温の問題もある程度軽減できます。
二重サッシのガラスにはいくつか種類があるのですが、断熱・紫外線カットや高性能の遮熱タイプなどもあります。
また断熱性能の他にも防音効果で愛犬の鳴き声が外に漏れにくくなったり、外からの騒音を減らしてくれますので、こちらも一石二鳥ですね。

20190625_4-2_LIXIL

出展:LIXIL https://www.lixil.co.jp/

 

窓まわり-Ⅱ:カーテン

二重サッシまでは必要ないという場合は、カーテンを替えてみるのはいかがでしょうか。カーテンには様々な生地があり、遮熱や遮光タイプのカーテンも販売されております。
日中はカーテンをしっかり閉めて、直射日光が入らない工夫をするのも良いですね。

他にはマンションなどの共同住宅では難しい場合もあるかもしれませんが、戸建てなどの場合は、お庭やバルコニーにすだれを取付けたり、ゴーヤなどのように、夏場にかけて、すくすくと育ってくれる植物で緑のカーテンをつくってみるもの良いかもしれません。

20190625_5_SANGETSU

出展:サンゲツ https://www.sangetsu.co.jp/

 

2.生活の中で出来る安全対策

飛び出し・転落防止アイテム

玄関や窓には、外に逃げたりしないよう、ペットフェンスや窓廻りの柵などの安全対策もしっかりしたいですね。
先日、動物愛護法改正でペットへのマイクロチップ義務付けというニュースがありましたが、街で迷い猫や犬の張り紙を見かける度、飼い主さんはどんな思いをされているのかと心が痛みます。

また、安全対策は玄関や窓など、外部との出入口だけでなく、室内にも注意が必要です。
もし浴槽にお水がはってあったら危険ですので、バスルームのドアを閉めて置くことや、火を使うキッチンなどには気をつけたいですね。

20190625_6_DAIKEN

出展:https://www.daiken.jp/

 

3.愛犬・愛猫のための特別なスペース

1人(匹?)になれるスペースと遊び場

犬はお散歩が日課ですが、家猫はお家の中だけで過ごすことになりますね。
猫は高い場所、上下運動を好みますので、市販のキャットタワーを置いたり、リノベーション工事でキャットウォークを造作してあげることも一つの方法です。

またいつもは飼い主さんや家族といるのが好きな子たちも、たまには一人で静かに過ごしたい時もあるようですので、小さくてもプライバシー空間をつくってあげると良いですね。
猫は外を眺めているのを好みますので、出窓のあるお部屋でしたら、そこに敷物を用意して(季節にあわせて、厚手のウールやフリース・コットンなど)あげるのも良いでしょう。

20190625_8

 

最近はリノベーションのご相談でショールームにご来場されるお客様の中でも、賃貸のお住まいでは叶わなかったので、「新居では、わんちゃん・ねこちゃんと暮らしたい!」というご要望が多くなっております。
ひかリノベでは動物好きのスタッフも多くおり、お客様の新しいお住まい探しから、動物と暮らすお住まいのプランニングまで、トータルで承ります。ぜひご相談くださいませ。

 20190625_7

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号

お問い合わせ内容必須

メニューを閉じる
カテゴリ
執筆担当者

今淵(正)

ひかリノベ両国 コーディネーター

三好(海)

ひかリノベ両国 コーディネーター

毛利(一)

ひかリノベ両国 施工管理

目黒(千)

ひかリノベ両国 設計

藤井(奈)

ひかリノベ両国 設計

大宮(良)

ひかリノベ両国 設計

広報部