マンションリノベーション「ひかリノベ」従業員ブログ

  • お問い合わせは0120-818-250
  • お問い合わせ・資料請求

2019/3/25

リノベーションプランの打ち合わせに欠かせない「ヒアリングシート」のお話

リノベーションプランの打ち合わせに欠かせない「ヒアリングシート」のお話

こんにちは。ひかリノベ両国ショールームの梅崎です。
リノベーションで暮らしやすく、素敵なデザインの「理想の家」にしたい!
と思っても、デザイナーにどう言えばイメージが上手に伝わるのか、何から話せば良いのか……と悩んでしまう方も少なくないのではないでしょうか。

弊社にはヒアリングシートというものが存在いたします。
デザイナーとの最初の打ち合わせの前に、コーディネーター(お家探し~物件購入の担当で、多くの場合このコーデイネーターが最初の窓口になります)がこのシートをお渡ししています。
お家でご家族と話し合いながら書いていただき、デザイナーとの面談時に持ってきていただいています。
面談では、このヒアリングシートを見ながらプランを考えていくことになります。

hearingsheet

 

ヒアリングシートとは?

プランを考える上で、デザイナーがお客様にききたいことが詰まった、問診票のようなものが、このヒアリングシートです。
デザイナーに思いを伝えたいが、これから会うデザイナーにどのように伝えたら良いかわからない。上手く伝えられるか自信がない、という方も、こちらのシートを書いていただくと、その思いが届けられるようになっています。これから始まるリノベーションの第一歩です。

ヒアリングシートの質問はけっこう多くて、「全部に答えるの?」とびっくりされる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし細かく答えていただくほど、よりお客様のご希望に沿ったプランがつくりやすく、また「こうした方が暮らしやすくなる」という提案がしやすくなります。

中でもとくに丁寧にお聞きしたいのが、間取りの優先順位・キッチンのレイアウト・家具のサイズの三点です。

 

間取りの優先順位

全て書かなくとも、3位まででも書いていただけると嬉しいです。
例えばリビング重視・キッチン重視・「玄関に土間が絶対ほしい!」等…

「メインのお部屋はここ」と決まれば、そのお部屋を中心にプランをつくっていきます。
家の中のどこに重きを置いているのか。
また、その部屋の用途・目的を併せて伺いたいです。

ex)
優先順位1位……玄関土間。
用途・目的……アウトドアが好きなので収納が欲しい。

 

キッチンのレイアウト

キッチンを対面型にするか、独立型にするかでリビング・ダイニングの形も大きく変わってくることが多いです。
近年は調理中も家族と顔を合わせて会話ができる対面型のレイアウトが人気ですが、思った以上にスペースが必要だったりします。
上の優先順位と併せて、こちらもぜひ記入をお願いしたいところです。

 

家具サイズ

意外と重要なところが、お持ちの家具や、購入予定の家具のサイズを記入するところ。
「なんで寸法まで? 測るの面倒だな……」と思われるかもしれませんが、ここを飛ばしてしまうとあとで落とし穴になる可能性も……。
せっかくこの家具を使いたいと思っていても、入らない!となっては大変です。

リノベーションプランを考えるというと内装のテイスト(西海岸風にしたいとか、ヴィンテージ風にしたいとか)が先行しがちですが、フローリングはどうする、タイルはこれにしよう……といった仕様は、打ち合わせの中で決めていくので、その段階で軌道修正も可能です。
一方で寸法やレイアウトは、あとから見直しが難しい部分なので、最初にしっかり決めておく必要があります。

 

このようにヒアリングシートをベースに、お客様の希望にそったプランをご提案いたします。ぜひ未来のお部屋を想像して、楽しみながら記入して頂ければと思います。

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号

お問い合わせ内容必須

メニューを閉じる
カテゴリ
執筆担当者

今淵(正)

ひかリノベ両国 コーディネーター

三好(海)

ひかリノベ両国 コーディネーター

毛利(一)

ひかリノベ両国 施工管理

目黒(千)

ひかリノベ両国 設計

藤井(奈)

ひかリノベ両国 設計

大宮(良)

ひかリノベ両国 設計

広報部