【住まいブログ更新】買って得する築年数とは?

2019.10.05

中古マンションの築年数は何年目が買い時?

中古マンションの築年数は何年目が買い時?
https://hikarinobe.com/contents/age-of-used-mansion-790

中古マンションの築年数は何年目が買い時なのか? 古い物件は価格が手頃である一方、老朽化や耐震性が心配……。お買い得で、かつ安心、安全なのは、築何年目でしょう? また物件を選ぶ際、注意すべきポイントとは?

編集後記

中古マンションは築年数に応じて価格が下落していきます。といっても無限に下がり続けるわけではなく、個体差もありますが、およそ築20~25年で新築時の半額程度まで下がり、そこからはあまり変動しなくなるのが一般的です。一方で建物の寿命も考えると、築何年くらいのマンションを買うのが賢いのでしょう? 建物の寿命は個体差が非常に大きく、管理状態によって30年程度で住めなくなる場合もあれば、100年単位で延命できる場合もあります。つまりもっとも賢い買い方は、「築20年以上の物件の中から、管理状態の良いものを選ぶ」ということになるのですが……さて、管理状態の良い物件とは、どのように判断すればよいのでしょうか。このさきは本編で解説していますので、ぜひお読みいただいて、物件選びにお役立ていただければと思います。

過去のお知らせ一覧へ