【住まいブログ更新】子ども部屋の空間づくりと個室デビューの悩み

2019.08.06

子ども部屋はいつから必要? 理想的な間取りや家具の選び方は?

子ども部屋はいつから必要? 理想的な間取りや家具の選び方は?
https://hikarinobe.com/contents/kidsroom-12936

子ども部屋はいつから必要? 子どもの個室デビューのタイミングや、理想的な間取り、家具・照明の選び方を、ひかリノベのリノベーション事例をもとに解説。子どもの成長にとって最適な部屋とは?

編集後記

最近はリビング学習が子どもの学力向上に効果的、という考えが広がったことも影響して、子どもの専用個室をつくらないという家庭も増えているようです。一方で子ども側の意見を見ますと、思春期を迎える中学生、高校生になると、やはり一人の時間が欲しいときもある様子。とはいえリビングで過ごす時間が長くなっている傾向も見られ、就寝時や着替えといった、最低限のプライバシーを確保できる空間と位置づけられている、と推測されます。
かつては勉強部屋としての機能が中心と考えられてきた子ども部屋ですが、時代とともに用途が変わってきていることから、間取りや内装、家具選びの考え方も新しくアップデートしていく必要がありそうです。いま求められる子ども部屋とは? もちろん子育てに絶対の正解がないように、各家庭の方針やお子さん自身の個性に応じて、その在り方も変わってきますが、この記事を手がかりに、我が家にとってのベストな子ども部屋について考えてみていただければ……と思います。

過去のお知らせ一覧へ