【住まいブログ更新】築古物件の魅力と、リノベで出来ること出来ないこと

2019.07.23

古いマンションをリノベーションする場合に注意したいこと

古いマンションをリノベーションする場合に注意したいこと
https://hikarinobe.com/contents/old-mansion-renovation-4232

古いマンションをリノベーションする際に注意すべきこと。築30年を超える中古物件をフルリフォーム(リノベーション)して住む方が増えていますが、建物の老朽化や建て替え等の心配も。物件選びやプランニングにおいて注意すべき点をお伝えします。

編集後記

マンションは築20年を超えると、ほぼ底値まで価格が下落します。リノベーションにコストの比重をかけてとことんこだわりたい! という方には、まさにうってつけの選択肢といえますが、一方で現代の建築とは構造が異なることもあり、間取りや設備の変更に制約がある場合も。「だからやっぱり古い物件はダメ」というわけではなく、あらかじめ間取りや設備をどうするか計画したうえで、自分にとって制約のない物件を選択する必要がある、ということです。個人的には団地の特徴的な間取りや、レトロなガラス建具など、ヴィンテージならではの“味”をあえて残すのも、築古リノベの楽しみ方のひとつと感じています。

過去のお知らせ一覧へ