【住まいブログ更新】何年住めるか? 何年延命できるか?

2019.07.23

マンションの“寿命”と“耐用年数” 結局何年住めるのか?

マンションの“寿命”と“耐用年数” 結局何年住めるのか?
https://hikarinobe.com/contents/useful-life-of-mansions-3126

マンションの寿命は何年? とくに中古マンションの購入を考えるとき、あと何年住めるだろうと不安に思う方は少なくないのでは。住宅としての耐用年数、そして長持ちする物件の見分け方を解説します。

編集後記

築100年を超えるマンションもいまだ現役の住宅として住まわれている欧米では、そもそも建物の「耐用年数」という概念がない、とは建築経済学の権威・小松幸夫教授の言葉。次世代に受け継がれる資産として、いまある建物の延命に尽力することが文化として生きているのですね。一方で少子高齢化に伴い、空き家の増加が社会問題となっているわが国。スクラップ&ビルドから、いまある建物を活かす方向に意識を変えるべきときが来たのではないでしょうか。何年もつか、ではなく、当事者として維持管理していくことで、建物は延命できるのです。

過去のお知らせ一覧へ