【住まいブログ更新】ソファの向きでリビングの過ごし方が変わる

2019.07.22

ソファの配置から考えるリビングの家具レイアウト

ソファの配置から考えるリビングの家具レイアウト
https://hikarinobe.com/contents/living-layout-12874

リビングの家具レイアウトについて解説。現代の家はリビング、ダイニング、キッチンが一ヶ所に集約したLDK型の間取りが主流で、様々なシーンに対応できるしつらえが求められます。とくにリビングの主役となるソファを中心に、最適な家具配置を考察します。

編集後記

リノベーションの要望でもっとも多いのが、「リビングを広くしたい」「リビングを生活の中心にするため、さまざまな機能をもたせたい」というリクエストです。LDKの一角にワークスペースを設けたり、子どもの勉強スペースを設けたりと、LDKにはますます多くの機能が集約され、それに伴って置かれる家具も増えていきます。こうした場合に大切になってくるのが、LDK内のゾーニング。くつろぎの場面、食事の場面、応接の場面と、それぞれの場面を過ごすスペースをどのように区分し、またどれだけつながりをもたせるか。ソファの向きや配置は視線の方向を決めるものでもあり、リビングでの過ごし方を決める重要なファクターなのです。

過去のお知らせ一覧へ