◆テーマは「学校の教室」ビタミンカラーと寄木で懐かしい雰囲気に◆

  • 間取りを変えずに印象を変えるリノベーション事例
エリア東京23区エリア
ご家族2人
面積32.55m2
間取り1DK → 1DK
テーマナチュレ,ナチュラル,レトロ

せっかくのマイホームだから、とことん個性的に

「せっかく家を買うのに、ありきたりの部屋じゃつまらない。自分たちの好きなものを全部詰め込んで、ほかのどこにもない、オリジナルな部屋にしたかったんです」とW様。

テーマは「学校の教室」。
白い壁とフローリングの床という、よくあるデザインとは一線を画す、鮮やかな色と個性ある素材で、世界で一つの『理想のわが家』をつくります。

ビビッドオレンジの建具とライトグレーの壁

家の中でひときわ目を引くのは、鮮やかなオレンジのリビングドア。こだわりのオーダーメード品です。
レトロな真鍮のドアノブ、ストライプの模様が入ったモールガラスは、昔通った小学校の教室のような、ノスタルジックな雰囲気。
一般的なリビングドアよりもやや横長の比率で、シャープすぎないコロンとした印象に。
洗面室、トイレの扉も同じカラーで揃えました。
この鮮やかなオレンジの扉を引き立てるのは、ライトグレーの壁。
「学校の教室」のイメージに合わせ、クロスではなく塗装で仕上げました。
「実は、最初に設計の水谷さんからこの色を提案されたときは、ちょっと濃すぎるんじゃないかと思ったんです。でも『実際に塗装すると、淡い色はほぼホワイトに見えてしまう』とアドバイスいただいて、この色でいこうと。結果、そうして正解でした! 見本と実際に施工した場合で、見え方に違いが出るんですね」

寄木張り(パーケット)で一味違う床に

水回りを除く床はすべて寄木張り(パーケット)。木片を組み合わせ、幾何学的な模様を描くフローリングです。

パーケットはクラシカルなものから、モダンなものまで、さまざまなデザインがありますが、設計・水谷は内装と部屋のサイズに合わせ、モザイク風の小さな寄木を提案。
同じ張り方でも、すべて同じ色で揃える場合と、異なる樹種を組み合わせる場合(カラーミックス)とで、印象もまた変わってきます。
色選びは最後まで迷いましたが、最終的に「かわいらしい感じにしたい」というW様の選択で、樹種混合タイプとなりました。

集成材の造作棚で木のぬくもりを

壁に造り付けの本棚や靴棚は、木のぬくもりを感じられる集成材を用いました。
集成材とは、小さくカットされた木材を接合したもの。
張り合わせた模様が、パーケットの床とも好相性です。

集成材の特長は、木の根元から枝まで、さまざまな部位を集めてつくられているため、強度にばらつきがなく、品質が安定していること。また、反りや割れといったトラブルが生じにくいことです。
荷重への耐性が必要な棚にはピッタリの素材といえます。

「プランの打ち合わせがはじまった当初はイメージばかりが先行していましたが、実際につかう内装素材や塗料の色など、こちらの希望に合うものをどんどん提案してもらえたので、自分の中で漠然としていた部分も徐々に『こうしたい』と具体的に考えられるようになりました。打ち合わせを重ねて、悩みながら一つひとつ決めていったから、本当に『自分の家ができた!』って感じがします」

間取り図

◆Beforeリノベーション前の間取り図

◆Afterリノベーション後の間取り図

リノベ前のお部屋

  • リノベーション前のお部屋
  • リノベーション前のお部屋
  • リノベーション前のお部屋
  • リノベーション前のお部屋

ショールーム見学お申し込みはこちらから!
リノベーション済みのお部屋を実際に体感してみよう!

  • イベント名
  • ◆テーマは「学校の教室」ビタミンカラーと寄木で懐かしい雰囲気に◆
  • 参加希望日時
  • 第1希望
    第2希望
    第3希望
  • 会場 *
  • お名前
  • メール
  • 電話番号
  • 使用サービス
  • ひかリノベに
    聞きたいこと

ご入力頂いた個人情報は、サービスを提供するひかリノベのプライバシーポリシーに則って厳重に管理します。
ひかリノベの利用規約およびプライバシーポリシーについては各リンク先をご覧ください。