Case6 アウトドア好きな家族の住まい

リノベーション例

家族構成:5人 夫(45)、妻(45)、長男(14)、次男(12)、三男(10)

Fさん一家は40代半ばの夫婦と男、女、男の3人兄弟の5人家族です。ご主人は自営業、奥さんはパート勤務、世帯年収は1000万円。
家族でキャンプへ行くことも多く、子供たちはみんなスポーツをしています。活動的でにぎやかなF家ですが、アウトドアやスポーツのグッズなど子供たち自身の持ち物が多いのも特徴です。

来年、長男が中学3年になり、下の子たちはそれぞれ小学校高学年と中学年となります。そろそろ子供たちに個室を持たせたいと考え、中古マンションを購入してリノベーションすることにしました。
F家のリノベーションのポイントは次の通りです。

【リノベーションのポイント】

  1. 1.自立をうながすためにも、子供部屋は子供自身で整理整頓させたい
  2. 2.玄関や水回りなど、家族みんなで使うスペースをすっきりさせる

Before

  • Before 写真はクリックすると拡大します
  • 4人以上の世帯ででもゆったりと暮らすことができるこのサイズのお部屋では、家族それぞれの趣味を思い切り尊重できます。
    構成もライフスタイルも全く違う3組の家族がリノベーションをすると、例えばこんな風になります。

After

After 写真はクリックすると拡大します

F邸は玄関まわりが大きな特徴となりました。玄関スペースに土間を設け、「縁側」でホールにつなげたのです。そして、玄関土間脇に子供部屋がたてに2つ、バルコニーに面して夫婦の寝室と子供部屋という配置です。

土間に面した部屋の土間側の壁には明り取り窓をつけたので、自然光が縁側や土間に入ります。縁側で、親子や兄弟肩を並べてスポーツグッズの手入れをしながら家族のコミュケーションが楽しめそうです。
それぞれの居室には1間以上の収納をつけました。これなら、子供たちも自分で整理整頓できますね。

キッチンは、家族そろって食事ができる大きなテーブルを置くスペースがほしかったので、壁付け型になりました。バルコニー側のこども部屋とLDKの間仕切り壁の上部には明り取りにガラス欄間を入れたので、昼間はLDKに自然光が入ります。

朝、子供たちで混み合う水回りスペースは広めにしてあります。洗面所には間口の広い洗面台を設置し、浴室もファミリー向けサイズにしました。水回りスペースの出入口は2方向にあり、廊下幅も少し広めになっています。

  • 家族それぞれがゆったりくつろげるリビングとダイニング家族それぞれがゆったりくつろげるリビングとダイニング
  • 壁付け式のキッチンなのでダイニングも広く使える壁付け式のキッチンなのでダイニングも広く使える
  • 広い洗面所で朝も安心広い洗面所で朝も安心