ひかリノベの施工例16

時間をかけて、自分たちの手でつくる家

  • 廊下
  • リビング
  • 洋室
  • キッチン
  • キッチン
  • 廊下
  • 洗面室
  • 廊下
  • 洋室
  • 洋室
エリア 神奈川県 川崎市 川崎区,幸区,中原区,高津区エリア
家族構成 3人
専有面積 85.67㎡
間取り 3LDK+SL→3LDK+SL
基本テイスト ナチュレ

自由な暮らしを求めて

自分たちに合った住まいを求め、リノベーション済み物件を探していたY様ご一家。しかし、いくつも物件を見て回る中で、「すでに完成した物件の中に、自分たちらしい暮らしを当てはめるには限界がある」と感じたといいます。それならば自分たちで作ってしまおう、と中古を買ってリノベーションの道を選びました。

お子様の学区域内にて、将来ネコちゃんをご家族に迎え入れることができる物件を探すなか、出会ったのは以前お子様が通っていた保育園のそばにある物件。思い入れのある場所で、自分たちだけの家つくりが始まりました。

DIYでつくる、温もりあふれる住まい

「合理性が追求された既製品よりも、手作りの温もりにあふれた家にしたい」と話すYさま。その想いは、リノベーションの中に色濃く表れています。

ずばり、Y様邸のテーマとなるのは「DIY」。自分達で手を加えられることを見越したプランニングを、ということで、理想の一歩前段階で仕上げています。

しかし、DIYで理想の住まいを完成させるといっても、理想に合ったベースが必要です。思い通りの住まいが出来上がるように、基本となる建具や壁紙は、こだわりをもって選定しています。ご家族と時間を重ねながら、徐々に完成させていくことを前提としたプランとなりました。

「見せる収納」を完成させるため、あえて選んだシンプルなキッチン。

暮らしと共に変化するデザイン

玄関に入ると、まず目にとび込むのはグレーのクロス。アクセントクロスかと思いきや、実は黒板になっています。

玄関左手の水廻りからリビングの入口まで、廊下一面が黒板になっているのが、なんともY様のセンスを感じるところ。大きな黒板なので、家族の写真を思い出メッセージとともに並べてみたり、ときにはカフェメニューのようなオシャレな絵柄を書いてみたり…メッセージボードとして留めるのではない、ダイナミックな使い方ができます。

使う人次第でさまざまな壁面にデザインできる黒板クロス。Y様邸ではどんな使い方をするのでしょうか。

大きな黒板で、ただの廊下から自由度の高い空間に。

住まい全体に散りばめられた、開放感への工夫

13帖の広いリビングダイニングからは、各居室へ繋がっています。プライベートスペースをそれぞれに設けるとなると、仕切りも増え、部屋に圧迫感がうまれてしまいます。そこで、ドアや壁面の至る所に「小窓」を採用し、住まい全体に明るく広々とした印象を残しています。

そして、その中にも、DIYポイントを忘れません。子ども部屋の小窓には塗装用の窓枠を使用していますが、色は塗らないままお引き渡しをしています。お子様のお好きな色に塗られるのでしょうか。完成が楽しみですね。

あなたの好きな色は何色?

未来のご家族へプレゼント

旦那様のお仕事部屋に繋がるドアの上には、空間が残ったままになっています。実はこちら、窓枠を取り付けるためではなく、下部の壁面にキャットウォークを取り付ける予定です。

将来のご家族となるネコちゃんのために作るキャットウォークを通じて、部屋に遊びにきてほしいとの想いから生まれた、ネコちゃん専用の通り道なのでした。

お仕事をする旦那様のそばへ歩み寄るネコちゃんが思い浮かびます。

時間をかけて、自分たちの手でつくる家

収納や棚などはほとんど作らずに、手を加えられる場所を随所に残しています。使い込むことで愛着が湧いていく、とおっしゃっていたYさまの言葉通り、ご家族で手を加えるにつれて特別な場所となるはずです。

コダワリをもって完成させた上質なキャンバスに、これからどんな色が描かれていくのか。わたしたちも楽しみにしています。

間取り

間取り