店舗一覧

メニュー

  • お電話でのお問合せ・ご相談は0120-818-250
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • 家を売りたい方
  • 会社概要

ひかリノベの施工例13

毎日を優雅に暮らす私だけのホテル

  • リビング
  • リビング
  • リビング
  • リビング
  • 収納のドア
  • リビング
  • キッチン
  • 洗面室
  • リビング
  • リビングからの風景
エリア 東京都 江戸川区、江東区、台東区、墨田区
家族構成 1人
専有面積 48.39㎡
間取り 2DK→1LDK
基本テイスト ナチュレ&アーバン

これからもこの街で暮らしたい

「大好きなこの街で、ずっと暮らしていきたい」という想いがあったI様。以前からリノベーションに憧れがあったこともあり、夢である「中古を買ってリノベーション」への一歩を踏み出しました。

予算を考慮しつつ、ピンポイントでエリアをしぼっての物件探しに苦戦はしましたが、諦めずに物件探しを続け、エリア、外観ともに、I様のお好みピッタリなタワーマンションと出会います。

高層タワーマンションだからこそ味わえる贅沢な景色

自分だけのホテル

I様の夢のリノベーションプランは、「ホテルのような部屋」。

広いワンルームに置かれたダブルベッド、スペースをたっぷり取ったキッチン、景色を堪能できる大きな窓…。ホテルのような空間をつくるには、ゆったりとした気分になれる「開放感」が欠かせないポイント。

できる限り間仕切りを設けずに、キッチンからリビングへ、リビングから寝室へと移動がしやすい動線と配置で、すべてを自分のライフスタイルに合わせた、贅沢な空間の使い方をしたお住まいがご希望でした。「適切な場所に、必要なものだけ」が置かれているからこそ過ごしやすい、ホテルでの一日を追求しました。

ワンルームも味わえる1LDK

休日にはご友人を招いてホームパーティをすることが多いというI様。当初はワンルームをご希望でしたが、必要に応じてプライベートな空間を分ける必要がありました。

そこで考案したのが、可動間仕切りで寝室を隠せる1LDK+WIC。普段はワンルームとして利用しますが、来客時にはさっと仕切りを動かして1LDKに。目線をさえぎる壁を無くしつつもプライベートな空間も確保できる、I様だからこそ生まれた間取りです。

さっと動かせる可動間仕切り。部屋を区切ることで空調効率も高くなる。

2つの役割を持たせた可動間仕切り

「開放感」が一つのテーマでもあるI様のプラン。空間を少しでも広く利用するために、ウォークインクローゼットの扉にとある工夫を施しました。

扉を設置するには入口を広く取る必要があり、広い入口を造ると収納スペースは狭くなってしまいます。しかし、扉がないとウォークインクローゼット内にホコリがたまりやすくなり、部屋の空調効率も低下します。

そこで、普段はワンルームとして部屋を利用するため使用しない可動間仕切りを、ウォークインクローゼットの扉として利用しています。1つのモノに2つの役割を持たせることで、空間はもちろん、費用も節約することができます。

通り辛くならない最低限のスペース。収納に大きなスペースを残したまま、しっかり仕切ることができる

全ての収納を1つにまとめたウォークインクローゼット

リノベーション前は部屋ごとにあった収納ですが、間仕切りが多いと圧迫感が生まれます。開放感あふれる住まいのためには、空間を広く見せる必要がありました。

そこで、すべての収納をウォークインクローゼットにまとめています。空間を1つにまとめることで、居室が広くなるだけでなく収納自体も大きなスペースとなります。

煩雑な部屋では、ホテルで一日を過ごした気分にはなれません。収納できる物の量が増えれば、スッキリと部屋を使うことが出来ます。

服以外も収納可能な棚と広い空間。

自宅へ帰れば日常生活から離れて、開放感たっぷりな部屋で優雅な時間を過ごしたい。シングルリノベーションだからこそ叶う、「I様だけのホテル」が完成しました。

間取り

間取り