ひかリノベの施工例4

オトナ夫婦が住まう都会の隠れ家

  • リビング
  • ダイニング
  • ダイニング
  • LDK
  • キッチン
  • キッチン
  • キッチン
  • キッチン
  • キッチン
  • キッチン
ビフォーアフター
エリア 東京都 江戸川区,江東区,台東区,墨田区エリア
家族構成 夫婦
専有面積 52.95㎡
間取り 1LDK
基本テイスト アーバン

日当たり以外は条件にピッタリな部屋

希望路線の駅から徒歩3分、金額など諸条件もY様ご夫婦の希望にピッタリ。
ただ、内覧して気になったのは部屋の暗さでした。「夫婦とも家にいることが少ないので、コンパクトでも利便性が高いこの部屋はベストでした。ただ、日当たりが悪く、そのせいか狭く感じられるのが気になりました。」
こうしたデメリットを解消するために、ひかリノベと打ち合わせを重ねました。

天井には大胆にブルーをあしらい、白い壁とのコントラストで広さと明るさを表現。
また、ベッドルームとリビングを完全に仕切らずゆるやかにつなげました。こうすることで、圧迫感をなくし、窓からの光を多く取り込みました。
その他、細かな工夫を重ねることでY様夫婦にとって最も暮らしやすい部屋をつくりあげました。

隣接する空間とゆるやかにつながり、より広く感じるリビング

約13.3帖のゆとりあるLDKは、友人を呼ぶことも多いY様ご夫婦には必須だったと言います。
キッチンとダイニング、リビングを機能的に使い分ける工夫をすることで、見た目以上に広く使えています。
広いエントランスやプライベートスペースとのしきりも少ないため、狭さは全く感じないとのこと。プライベートルームに置いたデザイナーズチェアの黄色が、リビングからちらりと見える光景はお気に入りです。

収納はエントランスやウォークインクローゼットにたっぷりあるので、スッキリ暮らせています。「散らかしがちな私には『しまう場所』と『暮らす場所』がはっきり分かれているのは良いみたいです。ベッドルームは人に見られても大丈夫なように、こまめに整えるクセがついたのは思わぬ収穫ですね。」と奥様。

「家の顔」エントランスには思い切りゆとりを

この部屋に入ってまずびっくりするのは、エントランスの広さ。土足でも利用できるフレキシブルな空間があると、ちょっとした作業をするときに便利だそうです。
「それに、友人が集まったときに玄関が混雑しないのは案外大事ですね。広い部屋ではないですが、入った途端に狭いと感じるのは避けたかったので、希望どおりです。」自慢のシューズを並べて手入れできるのも嬉しいポイントとのこと。

お風呂や洗面所、お手洗いも、ゆとりある空間を確保できています。

ウォークインクローゼットも兼ねた安らぎの書斎

ベッドルームの横にはカフェテーブルを置き、くつろぎの空間を演出。
その奥に設けられたウォークインクローゼットは、扉のない見せる収納にしてあります。クローゼットの脇には小机が備え付けられており、ちょっとした書き物や読書が楽しめるようになっています。隠れ家で遊ぶような楽しさと、小窓からの自然光で作業できる実用性が備わった、優秀な書斎です。

随所に工夫をちりばめたこの部屋自体が、Y様夫妻が都会の暮らしを満喫するための隠れ家のようでした。

間取り

  • リノベージョン物件検索

イチオシ!!リノベ向きキラリ!物件ご紹介

スタッフブログ

住まいブログ

JTI

ネクサス・アールグループ施工事例

リノベーション住宅推進協議会