Case1 土間ギャラリーのある住まい

リノベーション例

家族構成:2人 夫(37)、妻(31)

Tさん一家は共働きの夫婦だけの世帯です。
ご主人は30代後半、正社員で年収500万円、奥さんは30代前半、フリーの専門職で年収400万円。
休日は共通の趣味として、夏はボディボード、冬はスノーボードを仲よく楽しんでいます。出かけた海や山で、よく写真も撮ります。

DINKSのライフスタイルを満喫しているT夫妻ですが、日頃は2人とも仕事に忙しく、家事が溜まりがち。また、趣味の道具であるボード類の手入れや収納をする場所にも頭を悩ませています。
収納や家事の効率がよくリラックスできる住空間がほしいと思うT夫妻。リノベーションのポイントは次の通りです。

【リノベーションのポイント】

  1. 1.ギャラリーを兼ねた、玄関と室内の中間のような土間スペースを設けたい
  2. 2.効率よく家事ができる動線とミセスコーナーを希望
  3. 3.寝室とLDKを完全に仕切るのではなくオープンに使えるようにもしたい

Before

  • Before 画像はクリックすると拡大します
  • おひとり様、カップル、家族とさまざまな構成での暮らしが想定できる広さのこのお部屋。
    家族構成もライフスタイルも全く違う4組がリノベーションをすると、例えばこんな風になります。

After

After 画像はクリックすると拡大します

T邸は家事の効率化を図りつつ、趣味スペースを多く取り入れた1LDKになりました。
大きな特徴は、玄関からLDKにつながるギャラリー兼土間。ここでは、ボード類のディスプレイと収納、手入れができます。空いたスペースには、海や山の写真を飾る予定だそう。
水回りスペースは、土間とキッチンにつながるミセスコーナーにはさまれた配置で、両方向から出入りができます。ミセスコーナーは水回りスペースとキッチンに面しているので、料理や洗濯をしながらアイロンがけなど、複数の家事を同時にこなせて便利です。
バルコニーに面して寝室とリビングになりますが、寝室の扉は全面開放し、リビングとつなげて広々と使うこともできます。寝室には開口の大きいウォークインクロゼットを配置。大きな物も出し入れしやすくなっています。

  • 広々としたリビング広々としたリビング
  • 玄関からつながる土間ギャラリー玄関からつながる土間ギャラリー
  • 仕事をしながら家事も可能なミセスコーナー仕事をしながら家事も可能なミセスコーナー