あなたは被害者?加害者?マンションにおける騒音対策まとめ

  • Pocket
  • LINEで送る
マンション騒音

マンション居住者の間で一番多いトラブルは、騒音であるということをご存知でしょうか?

マンションは集合住宅で多くの家族が壁を隔てて住みますが、子供の声や歩く音、水を流す音などが聞こえてしまうことがあります。

騒音は「騒がしくて、不快に感じる音」という意味合いがありますが、不快の感じ方は個人個人によって異なります。ある人には平気な音が、別の人には不快に感じてしまうことがあるのです。

隣近所の方が何気なく出している音が自分だけ妙に気になってしまうこともありますし、逆に「自分は平気」と思っていても「うるさい」と言われる場合もあるわけで、それぞれ異なった騒音対策が必要になります。

この記事では、マンションの騒音の種類やその対策方法について説明します。自分が被害を受けた場合の対策と、自分が騒音をださないようにするための対策を書いていますので、ぜひご覧ください。

1.騒音の種類と定義

マンションの騒音は音の発生源により、大きく室内と室外に分けることができます。

室内を発生源とする騒音
  • 上下からの足音
  • 左右からの話し声や水の流す音
  • ペットの声
  • ドアの開閉音やエアコンなどの運転音など

生活する上で発生してしまう生活音や、ペットの声などが騒音になります。

室外を発生源とする騒音
  • 自動車・電車の走行音
  • マンション外からの生活音

こちらは、マンション外からの音です。特に多いのが自動車の走行音です。

では、どれくらいの大きさの音が騒音になるのでしょうか?

環境省は、住宅に供される地域における騒音の環境基準を、昼間(AM6:00~PM10:00)は55デシベル以下夜間(PM10:00~AM6:00)は45デシベル以下と定めています。

これを超えると、人の健康を害する騒音になります。

では、45~55デシベルはどれくらいの音なのか、次の表を目安に考えてみてください。

発生元

騒音の大きさ

dB(デシベル)

温風ヒーター 約44~56dB
換気扇 約42~58dB
エアコン 約41~59dB
人の話し声(日常会話) 約50~61dB
子供のかけ足 約50~66dB
電話のベル音 約64~70dB
ふとんを叩く音 約65~70dB
テレビ 約57~72dB
洗濯機 約64~72dB
風呂または給排水音 約57~75dB
車のアイドリング 約63~75dB
目覚まし時計 約64~75dB
掃除機 約60~76dB
ステレオ 約70~86dB
エレクトーン 約77~86dB
ピアノ 約80~90dB
人の話し声(大声) 約88~99dB
犬の鳴き声 約90~100dB

▲生活騒音の目安。「生活騒音の現状と今後の課題」(環境省)より作成

案外、騒音というのは簡単に起きてしまうというのが分かるのではないでしょうか?

騒音トラブルを起こさないためには、まずは「掃除機や洗濯機など、音が大きな家庭用機器の使用は夜は避ける」というように、昼と夜の区別をつけることが大切です。

2.騒音の種類別対策

騒音対策には2つあり、「騒音被害を受けた場合の対策」と「騒音被害を出さないようにするための対策」です。それぞれの騒音に関して、この2つの観点から見てきますが、まずは騒音被害を受けた場合の基本的な流れを見ておきましょう。

騒音被害を受けた場合の流れ

証拠を押さえる→管理会社・管理組合に連絡→リフォーム等による対策→法的措置

騒音の程度にもよりますが、まずはどれくらいの音なのか録音することや、時間や音の回数などを記録しておきましょう。そうすれば、管理会社への連絡やマンションの理事会への相談もしやすくなります。

個人で苦情に行く場合、問題をこじらせる場合があるので注意が必要です。自分で行くならば、周りの住民の状況を伺って、一緒に行くという方法がお勧めです。

注意して効果がなければ、リフォームや防音グッズで対策するか、それで我慢できないなら、警察や弁護士へ相談し、最後は裁判所で決着をつけるという形になります。

この記事では、リフォームや防音グッズで対策する方法について説明します。できれば、費用をかけないでおさめたいものですが、できない場合にどうするか参考にしてください。

2-1.足音対策(上下階対策)

<自分が被害を受けた場合の対策>

天井の下地に遮音シートを入れる方法の他に、吸音メラミンフォームや、ウレタン系防音材を天井に貼ることで防音対策をすることができます。

melamine-01
▲天井に貼ることができる吸音メラミンフォーム。(出典元:ピアリビング

天井全体に貼るわけですから、費用がかなりかかります。リフォームする場合は、どれくらいの効果を期待できるか確認してから施工することをお勧めします。

<自分が騒音を出さないようにするための対策>

下に足音を響かせないようにする方法はいろいろあります。

スリッパを履くだけでも騒音対策になりますし、防音マットや防音カーペットを敷くことも有効です。

防音カーペット
▲防音タイルカーペット。デザイン性にも優れていますよね。(出典元:ベルメゾン

騒音被害を受けた場合よりも選択肢が豊富なので、やはり、自分から防音にこだわりたいですね。

2-2.生活音対策(左右対策)

<自分が被害を受けた場合の対策>

左右からの騒音を減らすためには、遮音シートや防音パネルを壁に設置することがお勧めです。

吸音パネル
▲ピアリビングのサウンドマイルドという吸音パネル。(出典元:楽天

ピアリビングは防音グッズを豊富に取り揃えていますので、騒音対策を検討している方は、チェックすると良いでしょう。

<自分が騒音を出さないようにするための対策>

自分が横の部屋に騒音をもらさないようにする場合も防音パネルは有効ですが、単純に本棚などの家具を壁際に設置することで騒音対策にすることもできます。

また、壁際にテレビなど音の発信源を遠ざけることも有効です。

2-3.ペットの鳴き声対策

<自分が被害を受けた場合の対策>

他の騒音と同じように防音リフォームも有効ですが、保健所に連絡すると職員が飼い主に指導を行ってくれますので、近所の保健所をネットで探して相談してみてください。

<自分が騒音を出さないようにするための対策>

ペットの足音や鳴き声をおさえるには、しつけが重要ですが、それではどうしようもない場合もあります。

防音カーペットを敷き、柵を設置して歩き回らせないようにするなどの対策も有効です。

carpet
▲ペットの足音にも役立つ防音カーペット(出典元:RESTA

2-4.ドア・家電の騒音対策

<自分が被害を受けた場合の対策>

天井や壁の防音リフォームは、2-12-2を参考にしてください。窓からエアコンやピアノの音が響いてくる場合は、二重サッシ防音カーテンを設置することをお勧めします。

二重サッシ
▲二重サッシの設置例。ほとんど普通の窓と変わりないですよね・(出典元:株式会社 ナチュレホーム

二重サッシは、防音効果だけではなく、結露の防止や断熱効果アップにもつながります。

<自分が騒音を出さないようにするための対策>

エアコンなどの運転音が気になる場合は、修理や新しいものに買い替えることが良いでしょう。賃貸で交換が割に合わない場合は、室外機の下に防振ゴムを設置すると騒音を減らすことができます。

▲取り付け方は、こちらの動画が参考になります。

ドアの騒音ですが、バタンと閉まるたびに大きな音がなってしまう場合は、ドア枠にクッションゴムを入れます。また開閉時にキーキーうるさい場合は、蝶つがいにシリコンスプレーなど、潤滑スプレーを使います。

クッションゴム
▲クッションゴム。アマゾンで売っています。

2-5.マンション外からの騒音対策

マンション外からの騒音は、管理会社に言っても意味はありませんので、相談するなら、市役所の環境課などが適切です。

そこでどうしようもない場合は、法的な手段に訴えるか、リフォームや防音グッズで対応することになります。

防音カーテン
▲防音カーテン。部屋の音を外にもらさないようにすることも有効です。(出典元:Amazon.co.jp

3.騒音トラブルを回避するためのポイント

マンションで騒音トラブルに遭わないようにするには、防音リフォームも有効ですが、マンションの選び方が重要です。

騒音トラブルに巻き込まれないマンションの選び方
  • 静かな立地
  • マンションの最上階や角部屋
  • 床や壁の遮音性能が高い

まずは、マンションの立地ですが、自動車の通りが少なく、線路からも離れた閑静な住宅街を選ぶと良いでしょう。(近くの場合は、騒音対策がされているか確認してください)それに、部屋の位置ですが、上からの音に悩まされない最上階や、接する部屋数が少ない角部屋がお勧めです。

そして、マンションの部屋ですが、床の遮音性はL-45以下(小さい方が優秀)、壁の遮音性はD-55以上(大きい方が優秀)を目安にすると良いでしょう。また、マンションのスラブ厚(コンクリートの厚み)は25cm以上あるのが理想です。

もし、条件に満たない場合は、上下左右に子供が住んでいないか、あるいは、マンションで騒音問題は起こっていないかなど、不動産会社に確認すると良いでしょう。

4.最後に

マンションの騒音対策について見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

マンションは集合住宅で、どうしても家庭ごとの距離が近く、騒音問題が起こりがちです。

この記事で自分に合った対策法を考えていただければと思いますが、まずは「夜中は大きな音が出ることはしない」というような当たり前の行動が大切です。また、隣近所との挨拶をして、お互いに配慮できる関係になることができれば、深刻なトラブルの回避につながります。

まずは常識的な行動を心がけ、それでも問題が起こってしまった場合は、この記事を参考にトラブル沈静化に向けてご尽力ください。

防音リフォームや防音グッズを取り入れることは、自分の生活を守るとともに、自分から騒音をもらさないことにもつながるので、トラブル回避のためにもぜひ検討してみてください。

この記事が皆さまの快適なマンション生活にお役に立てば幸いです。

執筆は、ひかリノベの施工管理、高橋でした。

p-takahashi

高橋 冬

リノベーション専門会社「ひかリノベ」設計担当

  • Pocket
  • LINEで送る