ひかリノベの安心工事保証|不安や疑問にお答えします

「リノベーションは魅力的だけど、しっかり工事はしてくれるのかな?」

そう不安に思っている方は、いらっしゃいませんか?

住宅に関するトラブルを扱う公益財団法人の「住宅リフォーム・紛争処理支援センター」に寄せられた26,136件の相談(2014年)のうち、9,305件がリフォームの相談だったそうです。
相談件数は今も減っておらず、2007年以降、ずっと相談件数が伸びています。

ですから、工事の確かさについて気になるのは自然なことです。

ここでは、ひかリノベの工事保証をご紹介します。

もちろん、工事に最善の注意を払っています。
でももしも、何か問題があったら・・・?
そんなときひかリノベがどのように対応させていただくのか、しっかりご説明しますので、業者選びのご参考にしてください。

1.ひかリノベにはどんな保証があるの?

ひかリノベでは、お客様に安心していただけるように、4つの保証をご用意しています。

①ひかリノベ独自の1年間無料工事保証

②適合リノベーション住宅

③リフォームかし保険

④最大10年間の住宅設備保証制度有り

ひかリノベ独自の1年間工事保証

ひかリノベは自社独自で、引渡し後、1年間の工事の保証をしています。

お部屋の引渡し後、1年以内に、リノベーション工事実施の範囲において、「ドアの建て付け」「サッシ開け閉め」「廊下のきしみ音」など、お部屋に不具合が出た際は、無償で修理対応します。
(ただし、調査の結果お客様に原因がある場合は、一部費用負担をお願いする場合があります。)


適合リノベーション住宅

ひかリノベは工事完了後に、一般社団法人「リノベーション住宅推進協議会」が作成した統一基準による厳しいチェックを実施し、「適合リノベーション住宅」の証明書を発行しています。

「適合リノベーション住宅」の証明書には、大きく3つの意義があります。

・生活に欠かせない重要インフラを保証する
・登録情報が住宅の価値を示す
・困ったときの相談窓口が設置される

●生活に欠かせない重要インフラを保証する

生活に欠かせない重要インフラは、引渡し後2年間の保証が約束されます。

給水管、給湯管、排水管、ガス管、電気配線、分電盤、情報系配線、換気設備、住宅用火災警報器、天井下地、壁下地、床下地、浴室防水の全13項目が重要インフラとして定められていますが、2年の間に故障した際、ひかリノベが無償で修理します。

詳細はこちらをクリック


●登録情報が住宅の価値を示す

「適合リノベーション住宅」の認定を受けた住宅は、その情報が協議会に登録され、工事内容や住まいの現状が履歴として残ります。この情報は、リノベーション物件の資産価値の証明になります。

マンションの価値は、土地、共有部分と専有部分の管理状況によって大きく決まりますが、協議会に登録される情報は、専有部分の確かな管理を証明し、売却する際の高評価につながります。


●困ったときの相談窓口が設置される

「リノベーション住宅推進協議会」は、リノベーション業者にお客様向けの相談窓口の設置を義務付けています。ひかリノベが「適合リノベーション住宅」の証明書を発行できるということは、ひかリノベが、いつでもお客様のご相談に乗れるようにしていることを第三者機関が証明しているのです。


リフォームかし保険

リフォームかし保険は、リフォームの質を保証するための保険です。

工事完了後に、第三者検査員が現場検査を行い、工事に欠陥がある場合は、事業者(ひかリノベ)に保険金が支払われ、お客様は無償で修理を受けることができます。

工事部分が保証の対象で、マンションリノベーションの場合は、1年間保証されます。

ひかリノベの無償工事保証期間と重なりますが、「第三者検査員の工事検査を受けられる」「万が一、ひかリノベが工事できなくても保証される」というメリットがあります。


最大10年間の住宅設備保証制度有り

ひかリノベの保証は、お部屋だけではありません。

「エアコン」「多機能トイレ(シャワートイレ)」「給湯器(電気・ガス・石油)」「IHクッキングヒーター」「ガスコンロ」「キッチン備え付けの浄水器」「食洗機」「浴室乾燥」など、多くの住宅設備について、お客様の ニーズに合わせた保証を最大10年設定可能です。

これは住宅設備の保険のようなもので、掛け金をお支払い頂くことで、
 ・修理代(部品代・出張費を含む)無料
 ・修理回数無制限
 ・コールセンターによる24時間365日対応受付

といった、充実した保証を受けられます。


2.築古物件をリノベーションする上で気になるこんなこと

ひかリノベの3つの保証をご説明しましたが、皆さまが気になさるであろうことをQ&A形式で、まとめました。

Q
「結局、保証期間は1年なの?2年なの?」
A
1年間は、ひかリノベの施工箇所を全て無償で直します。1年から2年の間は、リノベーション住宅推進協議会が指定した重要インフラ13項目について、無償で修理します。(ただし、故意又は過失がある場合は、お客様に負担をお願いする場合があります)
Q
「保証期間が過ぎたらどうなるの?」
A
保証期間が過ぎても、末永いお付き合いをお約束します。恐縮ながら、修繕費用はお客様にご負担いただくものの、快適に暮らしていただくため、誠心誠意サポートいたしますので、どうぞ、ご安心ください。
Q
「どうして、協議会に情報登録されると高く売れるの?」
A
修繕記録があるとないでは、信用性に差が出ます。マンションの管理状態で、値段は大きく変わりますが、修繕記録があれば、良く管理していることの証明になるので、販売価格にそれだけ自信を持たせることができます。
Q
「ひかリノベの独自保証期間と、リフォームかし保険の期間が同じだけど意味はあるの?」
A
リフォームかし保険のメリットは、2つあります。第三者機関の検査を受けられること、それに、ひかリノベが万が一、工事ができない場合でも、お客様が保険会社に直接費用請求ができます。
Q
「困った場合の連絡先はどこ?」
A
ひかリノベにご連絡ください。工事後の気になること、直してほしいことがあれば、いつでも、お気軽にご相談ください。
  • リノベージョン物件検索

イチオシ!!リノベ向きキラリ!物件ご紹介

スタッフブログ

住まいブログ

JTI

ネクサス・アールグループ施工事例

リノベーション住宅推進協議会